歓喜の歌

主人公は公務員。

 

「歓喜の歌」

 

落語がベースだったんですね。お上文化があるからこそ「日本の笑い」があるのかなーと余計な方向へ思考が傾く。

こういう映画は安心して見れるので好きです。絶対面白いし。

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の松岡錠司監督。「バタアシ金魚」は観ていない。読んでないけど観てみようかな今度。

 

歓喜の歌 (落語) – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[shareaholic app="recommendations" id="6401232"]
  • Tag cloud

  • Archive ( 2011 / 09 〜 )

Scroll to Top