GATTACA

社会学からSF小説という流れを受けて。

 

「ガタカ」

 

このバランス感覚は好きです。

「現代の未来像」ならぬ「昔懐かしい未来像」といいますか。程よくチープさが。予算?なのか。いや狙っていると信じたい。

ユマ・サーマンとジュード・ロウの顔がいいです。

 

遺伝子のお話です。正直、現代だったら既に実現可能かと思われますし、実は知らないだけで既に実用されてるのかもしれないですね。

・・・優秀な遺伝子残したいってのは素直な気持ちかもしれません。人として。

相手が決まってから、その2人の中から一番良い卵を選ぶんなら、それはアリなんじゃないでしょうか。と個人的には思いますけど。

なんでもかんでも運命として受け入れることこそが良し、とは僕は思えません。選ぶのもありだと思います。人間ですから。

自ら死を選ぶ動物、そんなの他にいませんのでそこも人間らしさだとは思います。尊厳であるかどうかは、分かりません。

 

実はSF小説って読んだ事ありません。もう一回り歳が上の人ならみんな読んでるんかな。

 

ガタカ – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[shareaholic app="recommendations" id="6401232"]
  • Tag cloud

  • Archive ( 2011 / 09 〜 )

Scroll to Top