interiors-movie-poster

Interiors

俺の思う三姉妹と様子が違う。

 

「インテリア」

 

コメディ抜きのウディ・アレン。

完璧な母親と、3人の娘達。逃げ出すお父さんと新しい母。ってことで崩壊していきます。

これ次女と三女の設定、逆ではないの。僕の経験(というか偏見)から言いますとメアリー・ベス・ハード演じる母思いの眼鏡っ子が一番下なんですが・・・

これも僕の偏見(経験)ですが、母親が変わり者だと往々にして娘も変わり者になるかと存じます。

末っ子は、生まれたその瞬間から観察対象となる家族の人数が多い(第一子に比べれば)ので、一歩引いて様子を観るのが得意です。それと、必ず誰かが「優しくしてくれる」環境で育ちますので、甘ったれた所があるのは否めないですが、翻って「人に優しく接する」という基本的なことをごく自然で当然のことと考えることができる(そうされて育つから)。まあ優しい人が多いですよ。なんつて。

 

家族は、大きくなるほどドラマチック。

 

インテリア – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[shareaholic app="recommendations" id="6401232"]
  • Tag cloud

  • Archive ( 2011 / 09 〜 )

Scroll to Top