마더

韓国の母。ネタバレ厳禁サスペンス系。

 

「母なる証明」

 

「グエムル」(観てないけど)のポン・ジュノ監督。

ベタに面白かったんですが・・・。色々こってりしてて、言葉は悪いですが観た後の正直な感想は”胸クソわりぃなぁ”ですね 笑

サスペンスの感想で「オチが読めたからダメ」「読み通りでつまらん」などと自慢げに話す人よくいますけど、そんな見方して楽しいんですかと毎度思います。

結末を予想しながら観るなんて。よく出来ますねとある意味尊敬します。

 

僕は基本的になーんも考えずに観ます。なので、振り返ってみて「ベタな展開だったな」と思う作品ほど、観ている最中もベタに振り回されてますね。

完成度が高ければ問題なし。「またやられた。上手いなあ」です。

 

劇中母子の間で、古くからの言い伝えじゃないですけどことわざみたいなもののやり取りがあって、

「殴られたら殴り返せ」「1発は2発にして返せ」みたいな感じのがあったんですが・・・

韓国にはそんなのがあるのでしょうか。

 

そういえばこの人がウォンビンって人なんですね。兵役がどうので騒いでましたね数年前。

ってくらい韓流はあまりくわしくないです。

 

母なる証明 – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[shareaholic app="recommendations" id="6401232"]
  • Tag cloud

  • Archive ( 2011 / 09 〜 )

Scroll to Top