L’Appartment

婚約者ほったらかしで元カノの影を追う。なりすまし元カノも登場。

 

「アパートメント」

 

ちょっと面白かった。意外とサスペンス。音楽がやたらと盛り上げる。起きている事はわりかし平和なので、ちょっとやり過ぎ感もあるのですけどなぜか許せます。画も綺麗でした。

1996年。ビジネスパートナーとして日本人が登場するところに時代を感じます。昔は日本人がたくさん出てきたよね、ハリウッドの映画とかも。

いつも思いますが、劇中で走っている車を見ると時代背景が分かりますね。90年代の車が好きです。一番親近感を感じるのはきっと自分が十代を過ごした時代だからだろうと思う。ちなみに主人公が友達に借りる車は90年代の車じゃなくてシトロエンのDSでしたけど、言わずもがな別格の美しさです。

 

けっこう前にTSUTAYA DISCAS のレンタルリストにモニカ・ベルッチ作品をいっぺんに放り込んだことが災いして、ここのところ我が家にはモニカ・ベルッチばっかり届いております。笑う。

今まで見た役の中で一番平凡な女性っぽい役で髪も短くで好印象でした。

若いヴァンサン・カッセルのあか抜けない感じがすげー良かった。ハマってました。初めて観たけど、ロマーヌ・ボーランジェっていう女優さん良かったな。

 

フランス映画にどんなオチが待っていようともいいかげん驚かなくなってきましたね。

 

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[shareaholic app="recommendations" id="6401232"]
  • Tag cloud

  • Archive ( 2011 / 09 〜 )

Scroll to Top