新宿インシデント

カンフーしないジャッキーが新宿歌舞伎町で大活躍。

 

「新宿インシデント」

 

全然期待しないで観ましたが、意外と面白かったです。ジャッキー・チェンを観ると安心するのはなぜなのでしょうか。世代ですかね。

見慣れた新宿。

外国人の方が抱くステレオタイプなジャパンやトーキョーのイメージが描かれてるって部分はほとんど無かった気がするので、そこが良かったです。

エキストラやくざに若干安っぽさがありましたがね・・・

相対的に日本人の役者さんより中国人の役者さんの方が良い感じでしたよ。熱い。

東京は広い。僕なんかがまさにそうですが、外国人の知り合いいませんし、出稼ぎ労働者とか不法入国者がどうやって生活の糧を得て暮らしているのかなんて全然知りません。見えないような仕組みになっているのか、巧妙に隠れているのか、それとも無関心なのか。

事実をこの目で目撃しているわけではないので、どれだけ実態を反映しているのかは定かではありませんが、ここで描かれていることはまあおおよそリアルなんだろうと感じました。

 

ちなみに90年代の歌舞伎町。「つい最近かー」と思いそうになりましたがそうじゃなかった。20年前!

大人になっていくー。

 

新宿インシデント – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[shareaholic app="recommendations" id="6401232"]
  • Tag cloud

  • Archive ( 2011 / 09 〜 )

Scroll to Top