The Life of David Gale

死刑反対活動家に死刑判決。もし冤罪だったなら。

 

「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」

 

アラン・パーカー監督。大好きな「ザ・コミットメンツ」の監督。サスペンス系の中では結構面白かったです。バランス良かった。

やたらとハラハラドキドキさせるわけでもなく、オチ一発にすべてをかけるわけでもなく。

出てる役者さんみんな好きなので安心して観れました。ケイト・ウィンスレットとガブリエル・マンのダメそうなコンビは実際ありそうで良い感じだった。

ドクターレクターとクラリスをどうしても思い出しますね。

 

死刑について、何か答えを押し付ける作品ではないです。真剣にとはいかないまでも皆さんも一度や二度考えたことがあるかと思います。答えは簡単には出ないですし、実際すでに答えは何種類もあります。ただ、シンプルに考えれば答えは一つだと思いますけどね。

 

テキサスはスターバックスより刑務所が多い。ほんとかな。

 

 ライフ・オブ・デビッド・ゲイル – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[shareaholic app="recommendations" id="6401232"]
  • Tag cloud

  • Archive ( 2011 / 09 〜 )

Scroll to Top