The Lovely Bones

連続殺人の犠牲者となった女の子。あっちの世界とこっちの世界。

 

「ラブリーボーン」

 

死後の世界を上手に表現するのはむつかしいですね。見た事ある人、少ないですからね。

主演のシアーシャ・ローナンはすごく綺麗な子で「良さげな子」感満点で、もしクラスにいたらそのあまりの優等風から「楽しくない子だな」と思ってしまいそうな雰囲気なんですが、それよりも問題はその顔が日に日にダスティン・ホフマンに似てきていることです。笑顔は完全に一致です。「つぐない」のお芝居の方が好きだったな。『お芝居、がんばってます!』感も優等生風であまり好かん。

 

レイチェル・ワイズがもうお母さんの役の年齢ですってね。しかもティーンの娘の。そうかー。

 

ラブリーボーン – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[shareaholic app="recommendations" id="6401232"]
  • Tag cloud

  • Archive ( 2011 / 09 〜 )

Scroll to Top