CALIFORNIA SOLO

UKでブレイクしUSで落ちぶれたバンドマン。

 

「セカンド・カミング」

 

邦題、どうなの。と思ってしまいますよね。

そんな「セカンド・カミングと言ったらあのアルバムでしょ?」という僕みたいな世代にはちょうど良い作品でした。

ロバート・カーライルは確かに、バンド内だったらギター担当(良心のヒト担当)って感じがしますね。ごく私的なイメージです。

 

しかし、身につまされますねえ・・

 

劇中のバンドが演奏する曲はとても良くUKおマンチェ感が出てました。

 

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[shareaholic app="recommendations" id="6401232"]
  • Tag cloud

  • Archive ( 2011 / 09 〜 )

Scroll to Top