MELINDA AND MELINDA

MELINDA AND MELINDA

喜劇と悲劇。どっちも描いてみよう。

 

「メリンダとメリンダ」

 

ウディ・アレンです。NYです。

さてどうなんですかこれは。どちらの振れ幅もびみょーな感じなんだけども、これは狙い通りなんですかね。

発見がたくさんあったんですが、残念ながら反面教師的な発見が多かったかもしれません。別に劇作家でもない僕が偉そうに言ってまして恐縮ですが。

ラダ・ミッチェルが微妙なのかな。なんだろ。なんかこう・・・良い表現が思いつかない。

クロエ・セヴィニーは良かったです。

 

いずれにしろ、真剣に恋愛しつつも心の中では「半笑い」が丁度良いのだなってね、やっぱりそう思わされてしまうような毎度の一本でした。

 

→ 公式サイト(日本語)

https://www.youtube.com/watch?v=3jY8e1jwhZ4

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top