Eテレ「ニッポンのジレンマ」を見た

過ちを繰り返してはいけないという決心が根源となっていた、祖父母の「自由」。

維持し、保持し、繰り返されるのが望ましいという思い込み前提で状況を見誤った両親の「自由」。

そして、強制される僕らの「自由」。

二つの急激な変化が、「世代」と「自由」を3つに分断してしまっているわけですよ。

人を変えても何も変わらない。システムを変えましょ。

というわけでそんな感じの世代間の違いがあるかなと考えてました。まとまりがなくなって来ました。何が言いたいのかといいますと・・・問題は「何を使命と感じているか」ってところなんです。と同時にそれが「全体として一つの使命なのか」ってところ。先の二つの世代は、大きなインパクトを全体として共有した経験を持っています。皆が一つのところへ向かうことは容易かった。

ところが僕らの世代にそれはないんです。僕らにはさらに徹底された「自由と自己責任と個人化」がある。もう何から何まで個人化し多種多様化していく。

つまり、そこまで考えが至らなかった両親世代が用意してくれた社会システムなんて、そもそもダメなんですよってことが言いたいのです。

第三次ベビーブームが訪れなかった時、「おや何やらおかしいかねこりゃ」と・・・思って欲しかった。

 

短くしようと思った割に全くまとまりませんでした。推敲していませんほぼ書きなぐりですので駄文ですいません。とにかく僕らの世代でやり直しましょうそうしましょうという、志を同じくする仲間がたくさんいるのだということが良く解った良い番組でした。おやすみなさい。

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top