CONFIDENCES TROP INTIMES

精神科医と間違えられた税理士。そうとも知らず、異常な夫からの要求について語りだす人妻。

 

「親密すぎるうちあけ話」

 

フランス映画(原作となる文学のほうなのかしら?)ってなんだか、「平たく言えばそう、中年オヤジ文化人のスケベな妄想(願望)ですよ、おっしゃる通り。」みたいな作品が多いなあという勝手なステレオタイプがありまして、このお話も例にもれずそんな感じで始まります。が、途中で「これはただの妄想では・・・ない!?」と若干引き込まれそうになりましたが、やはり最終的には期待を裏切られなかった(良い意味でも悪い意味でも)です。

そんなステレオタイプを持ってしまったということは、そんな感じの作品ばっかり見てるということになりますね僕。

予告編を観た時に「ほう。これは面白そうだ」と思ってレンタルするわけですので、つまるところ僕自身が中年オヤジ文化人へと近づきつつあるということです。残念なことです。日々暮らしていても確かに、10〜20代の男性諸氏よりもむしろ40〜50代の皆様に共感を頂くことが多いですからね。いや、誠に残念。

 

サンドリーヌ・ボネールとマリ=ジョゼ・クローズが激似。

 

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top