Being John Malkovich

スパイク・ジョーンズ。チャーリー・カウフマン。

 

「マルコヴィッチの穴 DTSコレクターズエディション」

 

名前と強烈なポスターは印象に残っていたのにずっと観ていなかった1本。

「脳内ニューヨーク」より先に観ておけばよかった。これにステロイドを打ってむきむきにしたのが「脳内ニューヨーク」って感じですね。チャーリー・カウフマンは・・・脚本だけが良いのかな。

 

キャメロン・ディアスにまだ可愛さがある。ジョン・キューザックをどんどん好きになってます僕。

キャサリン・キーナーが出演している映画って気づくとたくさん観ていて女優さんとしてはとても好きなんですが、女性としてはきっと苦手なタイプ。

 

マルコヴィッチの穴 – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top