The Pursuit of Happyness

セールスマン失敗⇒証券会社で無給インターン&ホームレス。そして這い上がる。アメリカン・ドリーム。

 

「幸せのちから」

 

沁みた。実話です。「ちくしょうあとほんの少し金があれば」と、困り果てて泣きたいくらい惨めな気持ちになったことがある人、心に刺さります。

金銭的に何一つ不自由を感じたことのない人生を送ってきている人には到底理解できないでしょう。

僕も相変わらず貧しいですが、養うべき家族・子供がいないことが不幸中の幸いです。最下層に落ちるまではまだいくつかのレイヤーがありそうだ。

偏に、努力が足りないんでしょうね。素直にそう思います。極限状態になれば死に物狂いになるのでしょうか。

こんなかわいい息子がいたら必死になるわな。親子共演、ウィル・スミスの実の息子さんだそうですよ。今まで観たウィル・スミスの中でもダントツでグッと来たよ。素晴らしい。

 

どん底で支え合えないパートナーは、不要。

 

幸せのちから – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top