State of Play

民間軍事産業と議員をめぐるスキャンダル。廃れ行く紙媒体への応援歌ですね。

 

「消されたヘッドライン」

 

元はイギリスのドラマだそうです。そっちも観たい。

冒頭の30秒くらい、チンピラが雑踏をかき分けて逃げるシーンから気合いを感じたので良い予感がしたんですが、面白かったです。

テンポが良い。というか早いし一定。緩急の緩があんまりない。ので、苦手な人は見にくく疲れるかもしれません。謎解きですし。

売り上げがやばーい新聞のベテラン新聞記者と、ブログ担当の新人女性記者がチームを組みます。

ラッセル・クロウの汚い感じが良いです。ベン・アフレックは僕の中ではスーパーマンのイメージが強すぎるんですが、正義感ある議員の役はその延長上で観れたのでなかなかしっくり来ました。良い人って感じの顔。

 

締め切りが迫るんですよ。いやー。紙ですね。

輪転機が回るシーンで締め。

「やっぱり新聞記者ってかっこいいよね。こうでなきゃ」と思わされたら、この映画の勝ちです。

 

消されたヘッドライン – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top