L’Instinct de mort

フランスのパブリック・エネミー(社会の敵)で一番とった人。実在。

 

「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編」

 

60〜70年代です。

大衆のヒーローとなってしまう悪人はよく映画に描かれますが不思議ですよね、悪人なのに。「ただ殺すだけ」の人はなかなかそうならないですけど。

銀行を襲う人は、人気が高いです。

脱獄も映画によく出てくるコンテンツですし、数十年前のお話だと大抵の場合あっさり脱獄しちゃいますが、今の時代はどうなんだろう。

国によってはまだ日常茶飯事なんでしょうか。暴動起きたってニュースは時々聞きますが。日本では難しそうです。ネットワークも進歩してますし。

 

ジャック・メスリーヌは、アルジェリアからの帰還兵でした。フランスと、アルジェリア。最近ニュースで良く聞きますね。

ヴァンサン・カッセル、好きですね。

 

 

歴史を学ぶのは有意義なことです。いろんな映画を楽しむために。

特に20世紀。映画と戦争の世紀。

 

ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top