TAKING LIVES

人生を乗っ取る。連続殺人犯と女プロファイラー。

 

「テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版」

 

イーサン・ホークは当たり外れの振れ幅が広いですね。好きですけど。

アンジェリーナ・ジョリーは今までずっとどこがそんなに良いのかいまいちピンときてなかったのですが、ここ最近何本か観ているうちに分かりました。なるほどと。歳を重ねたあとの方が魅力的です。加えて良い母親そうな雰囲気がにじみ出てます。ブラッド・ピット羨ましい。

 

唐突に始まるベッドシーンに閉口しながらも「すげーなアンジー(いろんな意味で)」と感謝しつつ、必要だったんだからしょうがないかと最後には思います。そう思わざるを得ません。

総じてイマイチでしたが、押し並べてテンションの低い役柄のアンジーの眼が素敵でした。

 

キーファー・サーザーランドが出てくるとTVドラマっぽく見えてしまうのはご愛嬌です。

 

テイキング・ライブス – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top