Good Bye Lenin!

壁崩壊前後の東独。社会主義に傾倒する母が昏睡から目覚めた時、壁は崩壊していた。・・・でも内緒にしておこう。

 

「グッバイ、レーニン!」

 

これは文句無く面白い。良い映画。

母を愛する良き青年。こんなにストレートにがんばれないな俺。母子家庭だったら、またちょっと違うのかもしれん。

1989年の歓喜を僕らがもう一度体験する可能性がある。朝鮮半島。

もし、同じことが朝鮮半島で起きたらどうなるのかな、と想像しながら楽しみました。

 

それはさておきダニエル・ブリュールのその後の活躍っぷりはもうご存知の通りですが、彼が共演する女優さんがしばしばオレ好みの美人さんで毎回羨望。

今回もララ役のチュルパン・ハマートヴァというロシア人女優さんがツボ過ぎて、ブリュールうらやまし過ぎでした。

 

グッバイ、レーニン! – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top