L’ HOMME DU TRAIN

二種類の孤独な男。

 

「列車に乗った男」

 

パトリス・ルコント監督。

三十路を迎えてからというもの、10代20代よりも50代60代のおっさんストーリーにぐっと来ることが多いわけで、この精神老齢ペースはいかがなものかと思う日々です。「あーわかるよー」「うわー俺もこうなるよー」とガタガタうるさく鑑賞することしばし。

平凡で代わり映えのない人生であっても、どこかの誰かからはひどく羨ましく見られることがあるかもしれません。とはいえ、それはそれ。あくまでも自分の人生、自分の問題なので、ずっと同じなら退屈ですよね。人にどう思われようが知ったこっちゃない。

孤独な男を変わり者のように思う感覚は僕にはないです。祖父も父もそんな感じだったので、逆にいつもお友達とつるんでる大人の男をあまりよく知らない。

 

二人ともかわいげがあって愛らしいキャラクターでした。オチを除けば好きな映画。

 

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top