珈琲時光

台湾人監督の描く東京(物語)。

 

「珈琲時光」

 

綺麗だなあと。半年以上前に鑑賞したのでストーリーに関する記憶は全部吹っ飛んでしまいました。覚えてません。ただ、それで構わない作品だった気がします。

田舎から出てきている人間としては、普段から「いやあ、東京は綺麗だなあ面白いなあ歴史があるんだなあ」と思って眺めている(もう15年経ったが依然変わらない)ので、「台湾の方にはこんなに綺麗に見えているんですか東京は」みたいな驚きはさほどありませんでした。

むしろ上京したての頃のキラキラした気持ちを思い出させて頂いて少し嬉しかった。

 

小林稔侍と余貴美子演ずるお父さんとお母さんと、あと猫(確かいた気が・・・)がいい感じだったような記憶があります。無駄な情報ですが、ここで一青窈が演じている女性、僕苦手です。苦手なタイプです。

 

珈琲時光 – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top