三年間ギターを休むとどうなるか

最後の一本として手元に残しておいた、サー・ポール・マッカートニーのシグネチャーモデル、Epiphone TEXAN を手放したのが2011年1月。

サーのサインはプリントです。Epiphoneのくせに25万もしやがりましたのできっとサーに10万円くらい払ったんだと思います。武道館のチケット下さい。

さて、今年の春改めてギターを購入しました。その間、ただ一度だけ知人の右利き用ギターをぽろろんとした以外ほぼ完全にギターに触れておりません。さてどうなったか。

 

3日で元通りになりました。

 

1日目 指先が痛くなる

2日目 熱を持って膨れてくる

3日目 固くなる

 

拍子抜けするくらいだいたい元通りに弾けてます。

なんてことはない。説明しましょう。元が下手だからです。

・・・。

 

とはいえ全盛期に比べたら90%くらい。もっとボロボロかと思いましたがそれほどでもありませんでした。

どんなに久しぶりでも自転車に乗れるのとおんなじですね。

10代で覚えた曲(RADIOHEADとか)は忘れてない。20代後半に覚えた曲(キリンジとか)はすぽーんと抜けてる。

自分のはもちろん大丈夫でした。

 

休眠していた脳ミソの一角をエクササイズする感じで、すこぶる健康的。頭の体操。

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top