The Reader

再会時、彼女はナチス戦犯として公判中。21歳年上の彼女が姿を消したはなぜだったのか。

 

「愛を読むひと」

 

原作は『朗読者』。読んだことないんですが・・・。これはアカンです。好きです。

レイフ・ファインズ、ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ララ。優しげな面子。

読んだことないけど、ケイト・ウィンスレットぴったりハマってました。多分。ホントはドイツ語でドイツの役者さんがやった方が良かったんでしょうけど、そこは妥協です。

たとえば全編英語で東京裁判の様子を映画にしたら超絶違和感覚えるはずですので、ドイツ人の方はこれを観るとどういう気分なんでしょうかと想像してしまいます。

 

「責任」に関するあれやこれやの思想が話題になって、もう70年ですが我が国。ここのところまたにわかに盛り上がっていますが・・・。

丸山眞男の時代に答えは出ているんですよね。変わらないですね。変わる気がないから、変わらなくて当然なんですけども・・・などなど。数ある「日本とドイツの戦後の歩みの違いを意識せざるを得ない映画」のうちの一つでした。

 

しっかしすごい、感情移入しちゃいますね。元からケイト・ウィンスレットみたいなハンサムな女性が好みってこともありますが、こういう女性近くにいたら絶対好きになりそう。21歳上は勘弁ですが。

 

愛を読むひと – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top