Outbreak

パンデミック。エボラ出血熱がモデルのお話。

 

「アウトブレイク」

 

今回のエボラ出血熱の大流行が起こるより少し前になんとなく観てた作品だったのですが、まさかリアルワールドが同じような状況に近づくことになるとは思わなんだです。

先日健康診断で採血し、透明な注射器に満たされていく紫色した自分の血を久しぶりに目にしました。

クラクラするってほどのことはないですが、自分の肉体から血液が流れ出ていく様子を目の当たりにする時、なにか平時とは全く異なる信号が脳や体から発せられるのがわかります。苦手な人は気分が悪くなるだろうし、ひどいと気を失いそうですね。

『血が出てるけど!?大丈夫!?』ってことですよね多分。

赤は、警告。

血液や体液が侵されることに得も言われぬ恐怖を感じるのは人間の本能ですね。ウイルスとか感染とか、ヴァンパイアの血とか。たくさん映画になっていることがよく理解できます。

 

事実、エボラの宿主がコウモリじゃないかって話にも、趣があるなと思ってしまう。これ以上流行しませんように。

 

 アウトブレイク (映画) – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top