おおかみこどもの雨と雪

お父さんはおおかみおとこ。母子家庭のお話。

 

「おおかみこどもの雨と雪」

 

扱っているテーマはもちろん、突っ込みどころもたくさんあるので批判も多々あったようです。

主に前半3割くらいはボロクソに言いたくなりますし(なぜ惚れたのかが全く伝わってこない)「ひょっとしたら最後まで観れません・・・」という気にさせるのですが、雪がおっきくなってから俄然盛り返してきますので萎えずに最後まで観ましょう。無事最後まで観賞した結果、「まあまあ好きである」という結論に至りましたよ。

雪が大きくなってから急に印象が良くなる理由は、黒木華が出てくるからですね。彼女はとても良いです。圧倒的に食われる宮崎あおい。

我慢できずに言ってしまいますが、ストーリーが「雨と雪が小学生になった時点」から始まってたらもっと好みでした。それより前はごっそり回想扱いで上手いこと差し込んで欲しかった。前半、無理ですもん。

 

姉と弟のケンカのシーンは素晴らしかったです。リアル。こんな感じでしたね実際ね。

 

おおかみこどもの雨と雪 – Wikipedia

Author

Takeshi Satoh | 佐藤 健

Takeshi Satoh - Web Designer, Front End Developer.

佐藤 健です。Webのお仕事をしています。昔は音楽を作ってました。映画が一番好きです。 - More about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to Top